2019年 最新おすすめ韓国ドラマ 

ほとんど観てしまったし…他にないの?というあなたへ

韓国ドラマが大好きで、ほとんど観てしまうと 楽しみが無くなってしまったようで残念ですよね。でも大丈夫。どんどん新しい面白いドラマが放送されています。2019年放送のドラマや現在放送中のものから厳選して、恋愛もの中心に感想・あらすじ含めてまとめました。

Netflix 恋するアプリ LOVE ALARM 

By Source : Netflix

キム・ソヒョン チョン・ガラム ソン・ガン 出演

高校生のキム・ジョジョ(キム・ソヒョン)はどこか影のある女の子。同じ高校へ、アメリカからファン・ソノ(ソン・ガン)が転校してくる。
ファン・ソノの家には幼馴染のイ・ヘヨン(チョン・ガラム)の母が住み込みの家政婦として働いています。母と共にイ・ヘヨンもファン・ソノの家に暮らしており、二人は小さい頃からの兄弟のような親友。

イ・ヘヨンもまた、同じ高校の同級生。イ・ヘヨンはキム・ジョジョに片思いしており、いつもそっと遠くから彼女を見つめていました。

そんなイ・ヘヨンのジョジョへの気持ちにすぐに気がつくファン・ソノ。彼が見つめる先、キム・ジョジョがなぜか気になりだすファン・ソノ…

そして周辺では好きな人が10メートル以内に近づくとアラームが鳴るアプリ「LOVE ALARM」が開発され、社会現象になりつつありました。相手を想う気持ちが、アプリで知られてしまう。相手の気持ちが知りたい人、知られたくない人、色んな思いが入り交じる。

アプリで気持ちが分ってしまうなんて、すごく新しい設定でドラマ自体もとっても面白く、すぐに引き込まれます。そして何より、ファン・ソノのキム・ジョジョへのストレートさ、他人なんか関係ない感じの男らしさに、ドキドキ。しかも、すっごくイケメン。

また、イ・ヘヨンのキム・ジョジョや親友ファン・ソノへのやさしい愛に、思わず応援したくなってしまいます。そして彼の優しい笑顔が、素敵すぎ。どちらもかっこよくてあー選べない!って気分です。

このドラマ、漫画が原作のようでシーズン2の放送が最近決定しています。すごーく楽しみ。待ちきれません。ぜひ、ぜひご覧ください。

もっと知りたい→ Netflix ラブアラームみどころ へ

Netflix 椿の花咲くころ

Source By : KBS

カン・ハヌル コン・ヒョンジン 主演

シングルマザーのドンベク(コン・ヒョジン)は、ソウルから田舎町オンサンへ一人息子を連れて引っ越してくる。閉鎖的で街中誰もが知り合いなこの町。彼女は偏見にさらされながらも、”カメリア”という居酒屋を営みながら息子を育てている。

そこへ、ファン・ヨンシク(カン・ハヌル)が町の警察官としてやってくる。ここオンサンは彼の地元だ。ファン・ヨンシクは、カメリアで働く彼女に一目惚れをします。

好き、とにかく大好きという気持ちが隠せないヨンシク。恋の駆け引きや計算なんて出来ないし、そんなつもりもない。ドンベクの生い立ちも、シングルマザーであることも、何もヨンシクにとってドンベクを好きな気持ちには関係ないのです。

そしてこの物語はラブストーリーですが、サスペンスもはいっており、温かい気持ちになるプラス、過去に起きた事件がドンベクを危険にさらし警察官であるヨンシクにも関わってきます。

まだ最終話まで放送されていないですが…ものすごくおすすめです!いまのところ右肩上がりで面白さが増してます。まっすぐなヨンシクのドンベクへの愛に、思わず笑顔になってしまう。なんだか子犬みたいで、コン・ハヌル(ヨンシク役)のファンになってしまいました。

追記:日本でも全話配信済みになりましたね!感動でボロボロ泣きながら観ました。2019年に放送された韓国ドラマの中でも上位を争うおすすめ度です。

ちなみに、ドンベク役のコン・ヒョジンも色んなドラマに出ている大人気の女優さんですね。この方も本当に素敵です。コン・ヒョジン出演の “大丈夫、愛だ” や、”嫉妬の化身〜恋の嵐は接近中〜” もかなり面白かった。

韓国でも大人気ドラマとなったようですね。本当に私が観てきた韓国ドラマのなかでもとってもおすすめ作品なので、Youtubeでまっすぐなヨンシクの様子をチェックしてみてください!

Source By:The Swoon 「椿咲く頃」にゴン・ヒョジンとカン・ハヌルの #キュン死エピソード 【日本語字幕 CC】

Netflix 初恋は初めてなので

By Source (WP:NFCC#4), Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=60333376

ジス チョン・チェヨン ジニョン 出演

20歳になったユン・テオ(ジス)は祖父の家で念願の一人暮らしを始める。大学に通いながら一人暮らしを満喫するはずが、家出をし、住む場所を無くしたテオの友達、オ・ガリン(チェ・リ)と、夢を追いかけるために家出をしたチェ・フン(カン・テオ)が行き場を失い転がり込んできます。そしてまた、テオの幼馴染ハン・ソンイ(チョン・チェヨン)も、自宅を追われ行き場を失っていました。

そんな四人がテオの家でルームシェアをして暮らすことに。夢を追いかけ、自分のやりたいことをみつけるため、四人の新生活が始まります。

ハン・ソンイは同じ大学に通うユン・テオの友達、ソ・ドヒョン(ジニョン)と出会い恋が始まる予感。そして、テオは大切な親友だけれど、恋愛対象ではなかった幼馴染のソンイとの関係に変化が訪れます。

大切なだけなのか、恋愛感情なのか、自分でもわからない。でもソンイが他の男と一緒なのは嫌だ。テオは悩みます。そして、ソンイの気持ちは。

こちらのドラマ、誰に対しても明るくて前向き、さっぱりした性格のテオを中心として、嫌な性格のキャラクター的存在が出てこず、とっても楽しかった。ルームシェアをしている他の2人の友だちガリンとフンも、自分の人生を自分で生き抜くために頑張ります。

心優しいテオとソンイ、そしてドヒョンもみんな応援したくなるようなラブストーリー。若いってすてき。なんて思ったりして、一気に全部観てしまいました。

Extra-ordinary You エクストラオーディナリー ユー

By Source : Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=61760110

ロウン(SF9) キム・ヘユン 出演

裕福な家庭に生まれ、名門高校へ通うウン・ダノ(キム・ヘユン)は重い心臓病を抱える女の子。彼女にはずっと片思いしている幼馴染であり許嫁のペク・ギョンがいます。ですが、ある日自分の記憶が毎日消えてしまっていることに気が付きます。

実は彼女は漫画のキャラクター。ウン・ダノの生い立ちも家族も周りの友達、そして心臓病だという事実も作家が決めた”設定”。「自分は作家が描いた通りに行動しているだけ」ということに気がつくのです。そして彼女自身が自我に気がついたことで、周りのキャラクター達にも自我が芽生え始めます。

自分のしたいように生きていきたい。恋だって作家が決めた設定じゃなくて、本当に好きな人を自分で見つけたいと願うウン・ダノ。そんなとき、自分の名前すらわからない出席番号13番(ロウン)に出会うのです。

13番に出会ったことでウン・ダノ、そして周りのキャラクターたちにも変えることの出来なかった”設定”に変化がみられるようになっていく。

こちらのドラマは韓国MBC放送で現在放送中(2019.11.21最終回まで放送されました)。私はRakutenVIKIで視聴しています。このドラマに出演しているロウン、彼のカッコよさ、半端ありません。なんと身長190センチのイケメンで歌もすっごく上手なんです。そんなところにも注目して、ぜひぜひ観てほしい一作です。

もっと知りたい→ エクストラオーディナリーユー主演のロウンが気になる方はこちらの記事へ

The Tale Of Nokdu  ノクドゥ伝

By Source: Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=61809780

チャン・ドンユン キム・ソヒョン 出演

離島で父と兄と暮らすチョン・ノクドゥ(チャン・ドンユン)はある日、正体不明の者たちに襲われる。正体を調べるため、その者たちを追って旅にでるチョン・ノクドゥ。旅の途中に手がかりがあると思われる村へたどり着く。なんとそこは未亡人が集まって暮らしている、女性だけの村だった。そしてそこで暮らすトン・ドンジュ(キム・ソヒョン)に出会う。

ノクドゥは女装し男性だということを隠して、女性だけの村に忍び真相を探ることに。そこで暮らすドンジュもまた、悲しい過去を過去を隠し目的のためにその村に隠れるように暮らす秘密をもっていた。

そんな二人がお互いに素性を隠しながら同室で暮らすことになり、いつの間にか大切な存在になっていく。

こちらのドラマも現在韓国KBS放送で放送中。(追記:2019.11.25最終回しました!)よく女性が男装して…みたいな設定はみかけますよね。今回は女装した男性で、ちょっと新しい。チャン・ドンユンがなぜか美人にみえるんです。でもやっぱり、男らしい姿がちょこちょこ出てくる辺がドキドキです。前半はコメディタッチで進んでいき、毎週楽しみに観ています。現代的な時代劇で、時代劇があまり好きでない人も、絶対おもしろい。

こちらも私はRakutenVIKIで視聴中。どうやってRakutenVIKIで韓国ドラマを観ているか、気になる方は↓をご覧ください。

もっと知りたい→ノクドゥ伝 Tale of Nokdu のみどころへ